2012年06月02日

室内床タイル

当社の建売住宅の特徴は・・・
水周りの床が、セラミックタイル等になっているところです。
脱衣所は濡れたままで出てくる場所です。
特に子供がいると、濡れたままで出てきて、敷いてあるマットがビチャビチャになりがち。
浴室からの湿気も強く、フローリングだと結構痛みます。
本物件の脱衣所の床は、INAXのサーモタイル。
oka0601_3.JPG

冬、ひんやりとしない特殊タイルです。

トイレの床も、男家族が多い家は、フローリングだと心もとない。
もれこぼしで、黒ずんだ家を何件も見てきました。
採用したのは、平田タイルのセラミックタイル「リグニアス」
http://orange.hiratatile.co.jp/hicera/Ligneous.html
oka0601_2.JPG

木目が施してある、フローリング形状のタイルです。
oka0601_1.JPG

普段、見たことがないようなタイルをトイレなどに使うと、気分転換になってオススメです。

キッチンも、同じ位置にずっと立ち続けるため、その部分だけが傷みます。
また、水はね油はねが多く、タイルだと拭くだけで掃除が楽です。
採用したのは、平田タイルの「フォルテ」
http://orange.hiratatile.co.jp/hicera/Forte.html
oka0601_4.JPG

化粧の丸柱を介して、フローリングとタイルを見切っています。
ヨーロッパの石畳を思わせる意匠です。
キッチンから見ると・・・
oka0601_5.JPG

どうです、かっこよいですね。(^^)
機能性も意匠性も優れたタイル、オススメです。
但し、慣れていない業者だと、フローリングの突合せ部分に段差が出来ます。
また、普通の目地を使うと目地割れが起き、美しくありません。

注意が必要です。


posted by はるお at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。