2012年03月31日

電気配線工事

水道工事に合わせて、電気工事が入ります。

oka0314_2.JPG

照明器具の位置へ、天井から電線を這わせて行きます。
oka0314_5.JPG

コンセント・スイッチ・エアコン用電源・マルチメディアコンセント・換気扇・レンジフード・コンロ・インターホン・火災警報器・トイレウォシュレット・・・etc
住宅の内壁や天井は、電気配線で一杯です。

なので、後でむやみに穴を開けたり、釘やビスをさすと・・・
電気配線を傷つけ、漏電になることもあるので注意が必要なんです。

1Fの居室照明の電源を付ける上原電気さん。
oka0314_7.JPG

これは、洗濯機へのコンセント配線。
oka0314_4.JPG

当社の住宅は、宅内LANが標準です。
パナソニックの「まとめてネット光」を取り付けます。
oka0314_1.JPG

ここから、各部屋にLAN配線が伸びて行きます。
今、フレッツ光で「地上波テレビ」「電話」「ネット」が賄えるので、光配線に対応しなければなりません。
本物件は、このまとめてネットから分配器へのCD管を敷設し、分配器は外壁からの同軸ケーブルが入りになっているので、それを光からのケーブルと付替えてもらうことで、全てが光で賄えるようになっています。

電気配線は、断熱材を施工する前に行います。
じゃないと、こういうところに手が入らないんです。
oka0314_3.JPG

ここは、浴室リモコンですね。


posted by はるお at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

野縁

天井下地の野縁を組んで行きます。
3Fは、勾配天井なので、勾配に野縁受けを回し、野縁を組んで行きます。
oka0315_4.JPG

oka0315_1.JPG

吊木もしっかりと数を取りつけ、天井のたわみを押さえます。
oka0315_2.JPG

安い建売住宅などは、こういう下地材木を減らします。
そうすると、将来、いたるところで歪が生まれるんですね。

見えないところですが、こんな下地も手を抜いてはなりません。

oka0315_3.JPG
posted by はるお at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

下水・水道管宅内工事

断熱材を施工する前に、水道・下水の宅内工事を始めます。
室外の給水器から、各水回りへ水道管を取りまわしていきます。
oka0313_2.JPG

水色の管が水、オレンジ色の管がお湯です。
今回は、キッチンが2階にあるので、2Fキッチンの床まで配管を行い床に穴を開けます。
oka0313_1.JPG

お湯・水・排水管です。
その天井には、3Fにあるトイレの排水と水道管。
oka0313_5.JPG

oka0313_3.JPG

トイレは、直下で壁出しして、外部へ露出配管とします。
管は、排水音を小さくするために消音材を巻いています。
室内配管にすると、音が五月蝿く、また、管に以上があっても修繕が大変。

タレントの松居一代の家の天井から、欠陥住宅で排水が降ってきたというニュースを見たことがありますが・・・
あれが、典型的な室内配管です。

良く、排水勾配が取れていないことにより、管内に汚水が溜まり、それが数年たって溢れてくる欠陥を聞きます。
人のやることなので、出来る限り露出が良いと思うんです。

露出する場合、外部はしっかりとコーキング等で止水して、雨漏りを防止します。
oka0313_7.JPG

また、本物件は防火構造ですので・・・
小屋裏の外壁部分も、すべてPBを張ります。
oka0313_4.JPG

この作業は、野縁(天井下地)を組む前に行わないと出来ない作業です。
ただ、そうすると野縁の高さに合わせて、その上部だけをカットして施工しなければなりません。
もちろん、断熱材もその部分だけ施工。
oka0313_6.JPG

どえらい手間ですが、法律を守るとこうなるんです。
この作業、省いている業者、じつはいっぱいいます。
なぜか?
法規的な検査が無いからです。

当社はしっかりと施工します。

posted by はるお at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。